アイデンティティを管理できるIDaaS

通信を管理するためにIDaaSという技術が使用されています。IDaaSとはIdentityasaServiceを短くした言葉です。日本語に翻訳すれば、サービスとしてのアイデンティティの管理という意味になります。こうした管理をおこなうサービスとしてはその他に、SaaSやIaaSなどのサービスがあります。

IDaaSは近年多くの企業で利用されるようになっています。こうしたサービスを利用する企業が変化したのは、通信をおこなう環境が大きく変化したことが大きな理由です。企業が管理している重要なデータは、ファイアウォールの内部で保存されているのが一般的でした。ですが、持ち運びできるデバイスやクラウドを利用する企業も増えているため、企業が情報を管理しなければいけない範囲が、以前より広くなりました。

社員のタブレットやノートパソコンに企業のデータが保存されていることもあるため、こうした場所にある情報を管理することも、企業にとって重要になっています。企業の保有している情報を適切に関するために使用されているのが利用者のアイデンティティです。こうしたシステムを使用して情報の管理をすることにより、企業内にある情報も外部にある情報もまとめて管理することができます。アイデンティティを効率的に関するための方法として開発されたのがIDaaSです。

IDaaSはアイデンティティを重視してデータを管理することができるので、安全な情報管理が可能です。IDaaSのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*