セキュリティ対策で注目されるSIEM

企業の情報セキュリティ部門では、サーバー攻撃から社内の情報資産を守るために様々なシステムを導入しています。SIEMは、ビジネスの運営に支障が出る前にサイバー攻撃などの脅威を検知して対応するサービスです。セキュリティ情報管理はSIMと呼ばれ、セキュリティイベント管理はSEMと呼ばれています。SIEMはSIMとSEMを集約しているセキュリティ管理システムで、異常を検知すると素早く分析を行って特定します。

SIEMを導入すれば、組織のネットワークがサイバー攻撃を受けた場合でも迅速に対応できます。SIEMは膨大な量のデータを集約して整理でき、脅威や侵害の兆候を判断します。データを分類してパターンを特定し、脅威が潜んでいる場合は検知して適切に対処できます。複数のネットワーク機器やセキュリティ機器からデータを収集し、サイバー攻撃に繋がる脅威を検知します。

異常を検知すると管理者やユーザーにアラートが通知されるので、問題に対して早く対応できます。侵入防止システムや侵入検知システムが監視している通信のデータからアプリケーションが出力している処理結果まで、幅広い情報を得られます。ビジネスの安全を守るためには、複数の機器から情報を収集して相関分析を行う必要があります。情報の収集や分析に人力で対応する場合は、多大な時間と労力が必要になります。

SIEMを導入すればエンドポイント上のプロセスを全て監視でき、脅威を検知してネットワークから隔離できます。SIEMのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*