日本でも脚光を浴びているXDRの情報を把握

XDRのプラットフォームは、日本でも脚光を浴びています。XDRは、EDRの機能を拡張してネットワーク全体を通じてサイバー攻撃を防ぐセキュリティアプローチの一種です。AIとも呼ばれている人工知能と機械学習を活用して、現在まで確認されていない攻撃を特定します。攻撃の進行状況やユーザーが受けている影響も明確にして、ガイド付きの対応オプションも提供しています。

XDRのプラットフォームを使うと収集や解析、対応などの要素を集約して実現できます。クラウドアクセスの認証記録など様々なデータを収集し、人工知能や機械学習を駆使してデータの解析を分析を行います。データに関連性を持たせて脅威を発見したら、エンドポイントの切り離しやブロックなど物理的に対処します。マネジメントシステムに対する連携も、自動で行えるので簡単で便利です。

大企業でも中小企業でも、情報セキュリティ部門は重要な役割を担っています。情報セキュリティ部門にXDRを導入すれば、作業の効率が向上し担当者の負担を減らせます。国内では、働き方改革によってテレワークを実施する企業が増えています。社外と社内の通信が多くなると、セキュリティ対策の強化も必要になります。

XDRのプラットフォームは、セキュリティ運用の様々な課題を解消しています。セキュリティシステムの世界はライバルが多いですが、市場が活性化すればIT技術が磨かれて工数の大幅な軽減が期待できます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*