XDRの機能について

XDRとは、ネットワーク、アプリケーション、ユーザーペルソナ、データセンターからクラウドまでを網羅するかたちでサイバー攻撃から守る機能を指します。XDRは昨今急速に増加しつつあるサイバーセキュリティ問題に対抗するためにつくりだされたセキュリティアプローチで、ワークロード全体を通じてサイバー攻撃の検知と防止を行います。ほとんどのXDRプラットフォームは、知られている問題あるアプローチに関するインジケーターを特定するために、脅威インテリジェンスと統合され、人工知能と機械学習を通して資産を守るのが特徴です。さまざまな資産から獲得した情報を自動的に相関させることで、これまで確認されていない問題にも対処することが可能な先進的な方法となっています。

また、発展型のXDRはアプローチの発生源がどこであれ問題あるアプローチ全体に関する可能性を提供し、進行状況に加えて資産やユーザーが影響を受けたかを正確に明らかにしていきます。従来の方法ではサーバ全体をチェックし直さなければならない状況とは異なり、手間と時間を大幅に省けるというのが最大のメリットでしょう。さらに、高度に自動化されているため、セキュリティアナリストやインシデント対応チームによる手動介入を必要としないため、企業において毎回サポートを受ける手間がありません。また、常に進歩しているウィルスなどに対する介入の脆弱性に対応するため、アップデートがこまめに行われるのも特徴です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*