HPCは自動車業界で普及

HPCとは、HighPerformanceComputingの略語で日本語では高性能計算の意味を持ちます。主に、学術・研究開発分野・製造・金融などのような処理に高速および高性能を求める分野でHPCは欠かせない存在になっているといいます。自動車業界などでも利用されているのですが、自動車業界が利用するメリットは、低コスト化の実現および研究開発の中での生産性の向上、設計及びテストなどの迅速化を可能にするなどが挙げられます。自動車の開発および製造は、CADおよびCAEなどのような高機能システムの利用が欠かせません。

HPCは色々な分野で活用が行われていて、宇宙空間の探索や規模が大きなゲノム解析処理、電力エネルギーの最適化などで既に使用されていて、自動車業界の中では主にCAEによる流体解析・非線形構造解析・衝突解析を行う際に使われています。ちなみに、CAEとは多彩なシーンを想定したシミュレーションを画面上で行うことができるシステムであり、入力されたデータに基づいて自動車部品の耐久検証や衝突シミュレーションを実現します。ただ、CAEは優れたシミュレーションシステムといった位置づけになっているけれども、ストレスを感じことなく動作させるためには高性能のコンピューターが必要不可欠です。その理由は、CAEでの作業は膨大な計算量が必要になるなどが挙げられからで、HPCのように高速処理を可能にするコンピュータが必須です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*